So-net無料ブログ作成

こども園が『信徒の友』に紹介されました [こども園]

信徒の友Scan 31.jpg日本キリスト教団出版局発行の『信徒の友』10月号に宮内教会が7ページにわたって取り上げられ、宮内認定こども園も詳しく紹介されています。題して「異教の地に溶け込んだ教会に吹く新風」。本文最初の見出しが「神仏の地に根付いたキリスト教保育」で、大鳥居や教会前の曹洞宗寺院蓬莱院の写真が載っています。「キリスト教の神様も八百万の神様のおひとり」が持論のこども園理事長がインタビューを受けたのは、熊野大社の境内でした。

《「戦前、このあたりは製糸業の女工さんが3000人以上いた。その教育に役割を果たしたのがキリスト教。宮内教会の日曜礼拝は彼女たちが列をなすほとだったという。1951 (昭和26)年にはキリスト教社会連動家の賀川豊彦の講演会がここ宮内で地元の大歓迎の中で行われ、その時に集められた7000円を賀川は、『未来の人材を育成するために幼稚園を作りなさい』と言ってそのまま地元に残した。その資金と地元の熱意で翌年に設立されたのが宮内幼椎園だ」とキリスト教保育が受容される素地がこの地にあったことをこう説明する。 宮内教会の歴代の牧師や教会員の伝道の足跡が伺える話だ。/そして「子どもたちは毎日祈ることで霊性を根っこから植えつけられている。地元の小学校の校長から『宮内の子どもは違う』と褒められる」とうれしそうだ。》

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: