So-net無料ブログ作成

mespesadoさんによる経済談義(117) [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

台風15号首都圏直撃、4時30分に千葉市で瞬間最大風速57.5mとか。

久しぶりのmespesadoさんです。《きちんと原点に立ち返って冷静に考えるクセ》これまでmesさんに学んできたいちばん大事なことです。

*   *   *   *   *

317:mespesado:2019/09/07 (Sat) 21:24:51
米中貿易戦争で世界経済は91兆円を失う恐れ、米FRBが警告
https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190906-00010006-reutv-bus_all

>  米連邦準備理事会(FRB)は今週発表した調査論文の中で、米中貿易摩
> 擦などによってもたらされる不確実性が企業の生産や投資の縮小を招き、
> 来年初頭にかけて米国だけで2000億ドル(約21兆円)、世界全体で8500
> 億ドル(約91兆円)の損失をもたらすと警告している。

 よくこういうニュースで〇〇円/ドルの損失だぁ、とかいう表現を見かけるけれど、オカネというのは誰かが消費すれば誰かの利益になるので「無くなる」ということは無い。ただし個人の家計の場合はオカネが減るということはありうるので、個人や個々の企業では「〇〇円/ドルの損失」ということはありうる。そういうわけで、これは個人の家計と国家や世界という全体での話を混同しているという意味で「フェイクニュース」であり、正しくは「経済活動において2000億ドル分の取引が失われる」と表現すべきことがらである。しかし、ではその取引が失われたとして何が問題なのか。そもそも誰の取引が失われるのか
 このニュースの本質は何かをきちんと認識しているのが、以下の弓月恵太さんのツイートとそれに対するリプ↓
https://twitter.com/ssomurice_round/status/1170082869672202240

弓月恵太@ssomurice_round
> 『米中貿易戦争で世界経済は91兆円を失う恐れ、米FRBが警告』
> 91兆円だろうが、それが金融エリートの金なら、一般国民は痛くも痒く
> もないのである。
> 現に米国経済は絶好調だ。
> まずは、オバマの最低な中国優遇政策で丸々太った江沢民上海閥の資産
> 100兆円を凍結すべきだ。
 ↓ ↓ ↓
てっちん@n2ZNzJLd63wcX9u
> 堀古英司さん「米中貿易問題は、実際のところ重要なことは、米国が中
> 国にモノを売っている金額は年間たったの1,300億ドルであって、19兆ド
> ルの米国経済が米中貿易問題からどれだけの影響を受けるかといった点
> です。数字などで考えればすぐに分かることです。」

TKD@AtomageTkd
> 世界の富の82%を掻っ攫う1%のエリートの金なんかどうでもいい(^_^)
> 居なくなれば99%の人が潤う。
 ↓ ↓ ↓
弓月恵太@ssomurice_round
> おっしゃる通り。

 つまりマネーゲームに興じる連中が儲けを失うというだけのこと。世界経済にとってはどうでもいい話だ、ということですね。
 オカネの話というのは、どうしても個人の家計の類推と、金額の数字できちんと考えないと印象操作でついつい騙されることが多いですが、きちんと原点に立ち返って冷静に考えるクセを付けた方がよいでしょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感