So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

mespesadoさんによる経済談義(141)「精神の自立」で自殺から救う [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

ついつい頭の先っちょの議論になりがちなところを、mespesadoさんは見事に真っ当な議論へと展開させてくれています。

突然襲いかかられる避けがたい災難も切実ですが、「自殺」は避ければ避けることができたはずだっただけに、さらに切実です。どうやって自殺から救うか。mesさんの答えは「精神の自立」。結局はそこにゆく、納得です。その意味するところは人それぞれ、様々でしょうが。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる経済談義(140)超重要な議論です! [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

《税金は単なる貨幣の回収に過ぎない” と、理解できるようになりたい》という「この世は焼肉定食」さんの切実な問いに対するmespesadoさんの答え。身体で理解(身につける)しておかねばならない超重要な議論です。

家計・企業会計(ミクロ)では、「収入が増える」は「オカネが増える」ですが、国の会計(マクロ)の「収入が増える」ことは「(流通する)オカネが減る」ことです。「税収」が増えると、それだけ市中から貨幣が政府によって回収されてしまうため、市中に流通している貨幣はミクロの場合とは逆に「減少」してしまいます。一方、「政府支出」が増えると、その分だけ政府から公共事業への支払額として市中に貨幣が供給されますから、これまたミクロの場合とは逆に市中の貨幣は「増加」します。》

国の会計(マクロ)では、オカネが増えすぎることでの過度なインフレを心配しなければなりませんが、日本の場合はその心配は要りません。日本のようにモノやサービスの供給力が限りなく沢山ある場合は、オカネが増えた分だけ買いたい量も増えますが、それに応じて生産量を増やすことが可能なので、実際に生産を増やせて、しかもそれがちゃんと売れるので、売る方も儲かるので、みんなハッピーになります。》

それなのに、そうしないで、増税によって国民の使えるオカネを減らそうという。どんどんオカネをつぎ込むべき災害時も相変わらずの「緊縮脳」でオカネはなかなか出回らない。家計・企業会計と国の会計とでは違うんだよ!ということが呑み込めなくなってしまっている日本人。個人原理の民主主義が、「国」を見誤らせている、ということのように思います。そもそも、オカネを集めてクニをつくったんじゃあない、はずです。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

mespesadoさんによる経済談義(139)資本主義の根本エートス [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

《資本主義の強烈な支持者は、その手に入れたい希少価値のモノが「お金」なのだ。つまり、逆に言うと、「お金というものは、希少価値で無ければならない。」だから、お金というものが「いくらでも刷って増やせるもの」であっては困る》

なぜMMTの主張が広がりにくいのか。その根本は、「資本主義の根本エートスと相容れないから」との指摘です。「何のためのオカネか、考えてみよう」というmespesado理論出発点の再確認に思えて、以下を発掘しました。→mespesadoさんによる1億人のための経済講座〈Ⅱ〉(番外編2) mespesadoさんの思考の原点

そもそも日本には、世界一(農業も工業も)の品質の製品が、国民全員に行き渡って余りあるほど溢れているというのに、何で景気が悪くて手に入らないで不満足な消費しかできない人がいるのか、ということが不思議で仕方がありませんでした。/その原因を一言で言えば「貧富の差」なわけですが、「貧富」とは何を比較して言っているのかというと、持っている「オカネ」の量の差に他なりません。/そこで考えたのが、それじゃあ、経済活動からこの「オカネ」を消去して眺めてみたら?というアイデアでした。》http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16340424/301/

埼玉知事選のN国党立花氏、当初の目論見通りには行ってないようで、時代は「資本主義的エートスからの解放」という、もひとつ先に進んでいるのだと思います。「反緊縮」も、力まずに、正面突破とは別の方向から考えると案外展望が開けてくるのかもしれません。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「社会的微笑」(天見玲さん) [教育]

3ヶ月目の微笑.jpg昨日の山形新聞の「気炎」欄、天見玲さんの「社会的微笑」、いい文章です。転載させていただきます。

←ちょうど3ヶ月経ったところです。

*   *   *   *   *

 4人目の孫が7月に生まれた。生まれおちてからまだ2カ月半しかたたないのに、こちらから話しかけたり、笑いかけたりするとほほ笑むようになった。ほほ笑もうとしてほほ笑んでいるのではないだろうが、明らかにこちらからの刺激に反応している。生後3カ月にも満たない赤ちゃんの中にすでに社会性の小さな芽が生まれかけているのである。
 生後2カ月過ぎたころから見られるこのようなほほ笑みを「社会的微笑」と呼んでいる。孫の社会的微笑を見つめながら人間社会における微笑のもつ働きや力や効能にあらためて気づかされる。微笑こそ人と人とを結び、円滑にコミュニケーションするための基本的なツールだったのである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる経済談義(138)自治体が契約者の損害保険提案 [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

《あらゆる分野での人間の興味の持ち方や、ものごとの理解の仕方が自分のそれと違い過ぎて違和感感じまくり》つつ(生命)保険業界に身を置くmespesadoさんならではの提案、「自治体が契約者の損害保険を!」です。言われてみるとこれまで無かったのが不思議なくらい。自治体の災害対策への取組みも加速するし、損保業界にとって一大イノベーションにもなるはずです。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる経済談義(137)国土清祓? [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

639:堺のおっさん:2019/10/14 (Mon) 07:26:39
・・・あのフク一の地獄の釜を止めたのも鬼怒川反乱をもたらしたあの豪雨であったことも忘れてはいけない。
日本と言う国は外圧以外に、「神風」と言われる自然災害で変われる国なのだろう。・・・

ラグビーの勝利もあった。なんとか前向きに考えたい。被災した方々の悲しみ、御苦労を悼みつつ・・・。

これから15日参りに行ってくるところです。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる経済談義(136)台風19号! [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

南陽市はレベル4で全世帯に避難勧告が出ました。80歳以上の世帯には一軒一軒地区の役員が避難をすすめて回ったそうです。平成25年、26年に大規模な水害を体験している南陽市なので敏感です。高畠町の和田地区や糠野目地区の冠水はかなりひどかったようですが、南陽市は床上浸水が1軒あっただけで済んだのは何よりでした。(その後の情報で、この度は奥羽山系の降水量は記録的なものだったが、吉野川の上流、白鷹山塊はたいしたことはなかったとのことでした―16日記)

26年水害を受けての吉野川改修工事について、吉野川改修現地視察報告の記事を3年前に書いている。2年連続の被害で国の予算をうまく引き出すことができた。ちょうど市長選挙の最中の豪雨被害だった。その影響もあって、塩田市長から白岩市長に代わる。市長空白のその時期、当時の南陽市議会遠藤栄吉議長が岸宏一参院議員と共に国交省に乗り込んで折衝、2年連続の被害ということでほとんど即決だったとのこと。26年豪雨の中で誕生した現市長、市長のfacebookで市のこの度の対応が報告され、逐一よくわかる。吉野川、織機川改修がなっていなければ大きな被害が出ていたかもしれない。

s07直江石堤.jpgs06猿尾堰.jpgちょうど構成吟「最上川 置賜を行く」で、先人の治水について考えさせられていたところだった。直江兼続が置賜に入ってまず取り組んだのが治水利水だった。スライド用写真を撮りに「直江石堤」から、猿尾堰の「龍師火帝」の碑まで行ってきた。思っていたよりずっと上流で、やっと探しあてた。龍師火帝2.jpg川の中のとりわけ大きい石に千字文から「龍師火帝」と彫り込んだのだ。最後は神頼み、ということがよくわかる。今朝読んだ「文殊菩薩」《新海誠監督の『天気の子』は降りやまない大雨により関東地方が水没し、雨を止めるために人柱として犠牲となって死ぬ少女の物語》とある。やはり神頼み。mespesadoさんの議論の後のkenichi2409さん、《コンクリートは、一次しのぎです。精々100年前後で、崩壊します。》これはこれで考えさせられます。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

『近衛上奏文と皇道派ー告発 コミンテルンの戦争責任』(山口富永) [政治]

近衛上奏文と皇道派.jpg《二・二六事件の深層について追究した本は、和書だけでも数多あるが、そのなかでも最も深層に迫った本は山口富永の著した、『告発 コミンテルンの戦争責任 近衛上奏文と皇道派』であると説いているのが、世界戦略情報誌『みち』の天童編集長だ。》(二・二六事件と現代http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1721.html)。亀さんブログで知ったこの本、毎日数ページずつ読み進めて読み終えた。すごい本だった。伊藤隆東大名誉教授による、実に24ページに及ぶ序文がある。伊藤教授をしてその序文を書かせたのは、この著の「現場性」である。学者によって「歴史」として括られる以前の、「生(なま)の事実性」である。そこには真崎甚三郎と共に生きた著者が居る。

著者の思いの集約を次の言葉に見る。《筆者は、ここまで、 禿筆を振るってコミンテルンの軍への浸透による戦争責任の告発を筆者なりに書いてきた。/五味川(純平)のような左翼の人らが、この事実を認めようとはせぬであろうが、彼らがもっとも嫌悪するあの戦争は、 実は彼らの仲間であるところの思想の持ち主らによって起こされているこの事実の前に、その答えを聞きたいのである。》(201p)

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:

「秋葉山荘」から(「山形100名山」) [地元のこと]

宮内全景の写真が欲しくて、昨日(10月9日)の朝、秋葉山荘へ行ってきました。その方角、かつてはりんご畑があったのですが、もう日常的に使われている道路ではなくなっています。秋葉山への登り口に入っても草が生えて、ほとんど「山道」です。それでも道路の凸凹は思ったより少なく、30キロぐらいのスピードでスムーズに登ることができました。ただ、万が一対向車があったりすると危険ですので、十分気をつけてください。

家を出た6時ごろ、全くの青空でした。秋葉山荘に着いたのが6時20分ぐらい、みるみる霧が広がってきます。

s3宮内全景.jpgs4宮内全景.jpg5s宮内全景.jpg

腰を据えて晴れるのを待つしかありません。町の喧騒にはまだ早いのか、家の前のラジオ体操の音が聞こえてきたのには驚きました。家のラジオに合わせて秋葉山荘前で体操しました。そのあと1時間あまり、思いがけないゆったりした時間を過ごすことができました。晴れてきたのが8時過ぎ。8時15分ぐらいの写真です。↓

s宮内全景1.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

mespesadoさんによる経済談義(135)小泉総理誕生とともに日本の犯罪件数が減った!? [mespesadoさんによる1億人のための経済講]

小泉総理誕生とともに日本の犯罪件数が減ったのはなぜか→「閉塞感」が打破されてスカッとした→《政治の世界では、経済的に正しい政策を施行すればいいってもんじゃないのかもしれない。げに人間社会の政治とはいろんな価値観の側面がある。mespesadoさん、新境地へ? 議論はさらに進化(深化)を遂げそうです。

*   *   *   *   *

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -