So-net無料ブログ作成

母の臨死体験 [わが家史]

「放知技」板で亀さんが「輪廻転生」の真偽に絡めて「臨死体験」について書かれた(>>602)。紹介された動画「死後の世界は100%存在した!」を見て、母の臨死体験を書いておかねばと思い、出来るだけその記憶をたどってみたいと思います。

「おしん」の年ですから昭和58年(1983)の夏です。当時大正14年(1925)生まれの母は数え59歳(「9の付く年は気をつけろ」と言われます)。お盆で里帰りの義弟と甥(満9歳)と共に3人で白布温泉に行って一晩過ごした翌朝のこと、「母の様子がおかしい」との連絡で家にいた妹と共に駆けつけ、救急車で米沢市立病院に運ばれました。脳内出血の診断でその日すぐ手術。(執刀医はその後公明党から出馬して参院議員になった渡辺孝男先生脳外科・現院長ー)その晩から私と米沢に住む母の姉が交代でベッドの脇に寝ることになります。2、3日して名前や年令などの簡単な問いに答えられるようになって、もう意識は大丈夫戻ったとばかり思っていたのですが、その頃のことは何にも覚えてはいないということでした。一週間ぐらい経った時です。夜中に突然「神様になった!」と言って目を覚ましたのです。そして今体験してきたばかりのことを目に見えるように語ってくれたのです。その時語ってくれたことは私の中にイメージとしてくっきり定着しています。

自分は川の上で船に乗っています。川の向こうは綺麗なお花畑です。そこに大勢の人が立っています。その中心に立つのが、これまで見たこともない綺麗な紫色の衣を身につけた人です。この紫の色がよほど印象が強かったようで、母の話から私もその色をイメージすることができます。母が退院してからあちこちでこの話を語っていましたが、紫の衣を着た人はお不動様だと言われたそうです。お不動様は死後七日目に迎えてくれる神様(仏様)とのことで、母は新潟新発田の菅谷のお不動さまと確信していました。我が家の神棚に菅谷不動尊から承けてきた小さな像がありました。笹竜胆img_3.jpg菅谷不動尊の紋は笹りんどうで、紫のイメージと重なりました。死後の世界を導いてくれる「十三仏」がおられるとのことで、次の記述がありました。(「十三佛の仏さまとは?」
《不動明王尊-ふどうみょうおうそん/初七日-しょなのか・・・(行者守護、悪魔退散、除災招福) :亡くなった亡き人自体、遠い冥界へ旅立つ覚悟もまだ不十分ですし、残された者もその人の死を認められず、現世への未練が残っている時期です。死後の世界へと旅立たなければならない者が、再び現世に未練を持たないように不動明王尊の持つ右手の剣で迷いを切り払い、左手の縄は迷いの信者を縛って救いとり、 冥界へと引き込む役目をして下さいます。》
大勢の人というのは高岡家のご先祖さまたちに違いないとのことでした。母は米沢から嫁いできたのですが、長男の死でやむなく家を継ぐことになった次男の父よりも、母の方がずっと高岡家の先祖への思いは強いものがありました。祖父の死後数ヶ月経った頃祖父の夢を見て、毎月旧暦26日の愛染明王様のお祭りを忘れていたことを思い出したということもありました。大勢の人のいちばん前が、母からすればしゅうとである祖父と祖母でした。その二人から、手で「来るな、来るな」と追い返されたところで目が覚めたのでした。母によると、この時から意識は完全に戻ったとのことです。平成22年(2010)に85歳で亡くなりましたが、「あんな世界に行けるなら死ぬのはさっぱり怖くない」というのがその後の母でした。右足が不自由になりリハビリも大変でしたが、病気になったことをむしろ感謝していました。
来年が10年祭の年になります。命日は3月16日なので、雪のある時よりも今年の秋にやろうと言っていたのを、今回の記事を書きながら思い出したところです。もう準備に取り掛からねばなりません。
*   *   *   *   *
602:亀さん:2019/09/02 (Mon) 02:08:38
>>601

飲尿獣医さん、九月つうのに残暑が厳しいねぇ…

> 輪廻転生

最近の小生のブログ記事で「ツランと世界権力(初級編)」の執筆中、ガンについて取り上げたので、かつて「気が向いた時に有益そうな健康法を語るスレ(2)」で、ハリィー今村先生と色々とやりとりをしているのを思い出しました。同スレを斜め読みしてみたところ、ガンについてはもちろんですが、他にも輪廻転生について語り合っていましたwww

小生は未だに輪廻転生について懐疑的つうか、未だに一度も死んだことがないもんで、「死んだことがねぇから、分かるかい」、としか答えようがないつうのが本当のところです。

でも、以下の動画を見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=5YzJ9QwdLcY
死後の世界は100%存在した!

エベン博士は世界的に有名な脳神経外科医の博士ですが、臨死体験をするまでの博士は輪廻転生について懐疑的というか、全く信じていなかった。ところが、実際に本人が臨死体験すると、今度は180°変わった…つうわけです。そのあたりの医学的な根拠が上掲の動画の中で説明されています。

実は、その直前、小生は以下の動画を見ていました。
量子と磁石の不思議な世界 一日50分観る聴く読書 勉強したら楽しい みんなが知らない 磁石の世界 量子力学 齊藤 英治(東北大学原子分子材料科学教授)スピントロニクス ナノエレクトロニクス
https://www.youtube.com/watch?v=b4TjMZZbaQQ

それを見て、もしかしたら、臨死体験と量子力学とが、何処かで結びつくのではとピンときたので、ネットで確認したところ、以下の記事などがヒットしました。
http://ikiruimi.jp/sigo/ryousinou/

まぁ、気が向いたらブログ記事にしてみようと思います。
*   *   *   *   *
「死後の世界は100%存在した!」https://www.youtube.com/watch?v=5YzJ9QwdLcYの動画を観た後、「胎内記憶」https://www.youtube.com/watch?v=2djjyA0eKPw
を観ました。上の娘がやはり3歳の頃だったと思いますが、「隣のKちゃんと『どっちにする?』と話して、私がこっちにした。」と話したことがありました。Kちゃんとは誕生日も近い同級生で仲良しでした。そう言ったことは本人も忘れていると思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。